トップページ > 会社案内

会社案内

当社は金属機械加工、板金、製缶、金型設計及び加工、ロストワックス、アルミダイカスト、アルミグラビティー鋳造、塗装、メッキ、AZ31 マグネシウム合金板・超薄板までの表面処理を含む、産業ロボット用パーツの開発を行っています。委託加工業務によって培った最先端技術を駆使した事業に特化して事業展開しており、日系企業様との長年のお取引の経験と中国におけるネットワークを活用し、安定的かつ高品質な製品を供給し、各メーカー様の生産活動に資することが我々の使命であると考えております。

 

社  名

関西村陽株式会社

英 文 名

Kansai Sonyo Co.,Ltd.

所 在 地

〒601-8033 京都市南区東九条南石田町77 トガワビル504室

代 表 者

崔 光日(サイ ヒカルヒ)

創  業

2010年 6月

設  立

2017年 4月

資 本 金

500万円

事業内容

金属機械加工、板金、製缶、ロストワックス鋳造、アルミダイカスト、AZ31 マグネシウム合金板

取引銀行

UFJ銀行、京都銀行

設  備

中国工場 (工場案内ページ

 

会社案内

ご挨拶

代表関西村陽株式会社は金属機械加工、板金、製缶、金型設計及び加工、ロストワックス、アルミダイカスト、アルミグラビティー鋳造、塗装、メッキ、AZ31 マグネシウム合金板までの表面処理を含む、産業ロボット用パーツの開発を行っています。

委託加工業務によって培った、最先端技術を駆使した事業に特化した事業展開をしております。
日系企業様との長年のお取引の経験と中国におけるネットワークを活用し、安定的かつ高品質な製品を供給しており、各メーカー様の生産活動に資することが我々の使命であると考えております。また幅広い業界における経験と実績があるからこそできる、最適な製造方法をご提案し、お客様のコストダウンに貢献してまいります。



グループ社員一人一人が、会社理念や行動規範等の高い企業倫理を持つことにより、全ての製造業の皆様に対し、今後も微力ながらも貢献していきたいと考えております。

企業理念・沿革

企業理念

 

 

沿 革

2022年6月

現在に至る

2021年6月

新製品開発 マグネシウム合金 AZ31 0.035±0.002mm 150m~超薄板

2021年5月

大阪府門真市から京都市南区へ移転

2017年4月

関西村陽株式会社を設立

2015年1月

中国大連保税区に検品場所を設立

2012年8月

金普区から大連西崗区に本社事務所を移転

2010年6月

大連村陽科技発展有限公司設立

 

マップ

関西村陽本社

〒601-8033 
京都市南区東九条南石田町77 トガワビル504室

TEL:075-585-3388
FAX:075-585-3389

営業時間:9:00~18:00(土日・祝日休業)

大連村陽科技発展有限公司

〒116011 
中国大連市西崗区信誠街3号東方国際大厦2017室

TEL:+86-411-8370-6911
FAX:86-411-8370-6911

※日本語・中国語とも対応しています。

取引先企業様

(敬称略 順不同)

(株)三嶋製作所、(株)アクアテクノ、ハムス(株)、(株)KRI、TODA 、NTECH-ASUARU、テック・ワーク株式会社、
(株)SCREENファインテックソリューションズ

エンド ユーザー:
(株)ユーシン精機、京セラ(株)、ダイキン工業、リコー、トヨタ自動車