トップページ > 事業案内(アルミグラビィティ)

アルミグラビィティについて

弊社は小ロット、多品種のカスタマー品生産が得意で、自動車部品や医療機器など様々な部品を製造しています。
製品のコンセプト段階からお仕事させて頂き、QCD改善に必要となる原材料選択を始め製品設計、金型設計、生産性改善の為の
治工具設計等を分野でお客様と綿密に相談を行う上、生産工程で実施及び製品への管理を行っております。

 

ロストワックスアルミダイカストアルミグラビティ塗装・メッキ処理半導体部品金型設計加工板金

 

アルミグラビティ

アルミグラビィティとは

 

アルミグラビィティとは、金属製の金型に溶解したアルミニウム合金を注入して製作する方法です。ダイカスト製造は溶湯注入時に圧力をかけて製造しますが、重力(グラヴィティ)のみで鋳込むのが大きな違いです。
砂型に比べて鋳肌は非常になめらかで寸法の精度がよく、砂鋳物以上の品質が得られます。そしてダイカスト製法に比べて設計の自由度が高く、コスト面でも削減につながる製造法です。

鋳造機には、金型を手動で開閉するような簡単なものから、油圧シリンダにより自動で金型を開閉する大型のものがあります。また、自動鋳造機には上下あるいは左右に金型を開閉してその合わせ面に形成された湯口から溶融金属を金型に注湯する定置式鋳造機と、金型を傾斜させながら溶融金属を注湯する傾斜式鋳造機があります。後者は、注湯時の溶融金属の乱れが少ないことから、ガスの巻き込みや介在物の巻き込みが少なく品質のよい鋳物が得られます。そのため最近では主流になりつつあります。

金型材料は先に示しましたように耐熱鋼や鋳鉄が用いられますが、溶融金属が鋳込まれる金型表面には直接金型と溶融金属が接触しないようにコーティングが施されています。これを塗型といい、炭酸カルシウム、アルミナ、黒鉛などの耐熱性、断熱性のある粉末を水ガラスなどの粘結剤に混ぜて金型内面に塗布します。これにより、湯流れ性、離型性、金型の寿命向上が得られます。

当社では特注、複雑な中空部品、小ロットから大ロットまで多様なニーズに対応しますので、お気軽にお問 い合わせください。

 

メリット

・型が何回も使える。(砂型鋳造では、1製品につき1型必要です)
・コスト削減につながる。
高気密、優れた精度と硬度、鋳肌のよい製品ができる。
・複雑な製品ができる。
冷却速度が速いためピンホールができにくい。
・薄肉対応が可能。

デメリット

サイクルタイムに時間がかかる。

金型に塗型が必要になる。