トップページ > 事業案内(ロストワックス)

事業案内

弊社は小ロット、多品種のカスタマー品生産が得意でございます。
製品のコンセプト段階からお仕事させて頂き、QCD改善に必要となる原材料選択を始め製品設計、金型設計、生産性改善の為の
治工具設計等を分野でお客様と綿密に相談を行う上、生産工程で実施及び製品への管理を行っております。

 

ロストワックスアルミダイカストアルミグラビティ塗装・メッキ処理半導体部品金型設計加工板金

 

マニシングセンター、NC旋盤による機械加工、鈑金、製缶、金型設計及び製作
ロストワックス、アルミダイカスト、アルミグラビティーの製作、塗装、メッキの表面処理
特殊鋼、ステン、銅合金、アルミ合金対応

対応可能な表面処理

粉体塗装 液体塗装 ラスパート処理 電解研磨 アルマイト(汎用・硬質・着色) 無電解ニッケルメッキ
亜鉛メッキ クロム・ニッケルメッキ 黒染め

ロストワックスについて

ロストワックス

大形製品から小型製品までの生産が対応可能です。
特に小型精密な製品は金型設計、金型製作、製品生産及び機械加工、表面処理まで、弊社の得意な分野です。

 

ロストワックス製法 (lost wax casting)とは、ワックス(wax)を失う (lost) という意味を示しており、下記の流れで製品を作る製法のことです。
弊社のロストワックス方式精密鋳造品は、中国工場と連携して製造しており、仕様書・金型の作成から鋳込・仕上げ・検査に至るまで、社内一貫体制で取り組み、製品の均一クオリティ化・低コスト化に取り組んでいます。

図面の解読、製品の特性を考慮した素材形状決定、必要二次加工部の決定、仕様に則した製品検査の方法、そして要求する納期に全体をまとめ上げるコーディネート性などの重要なポイントを間違いなく滞ることなく進めるため、当社では経験豊かなセールスエンジニアが対応致します。


プロセスについて

1.ワックス(ロウのこと)を削って原型を作る

2.原型の周りを鋳砂などで固める

3.ワックスを溶かして空洞を作る

4.鋳型の空洞に溶けた金属を流し込む

 

当社で製作容易なサイズと重量

製作可能な限界サイズと限界重量

長さ / 200×200×200mm以下
重さ / 5kg以下

最大サイズ
長さ / 800×800×1000mm以下
重さ / 約30kg以下

最小サイズ
長さ / 10×10×10mm

 

工場施設 (工場紹介ページ

当社機械

 

No.

設備名称

型番 メーカー 台数 最大荷重
kg
作業代
サイズ
最大加工
寸法 mm

1

門型MC

PM1630HA 機械メーカー 2台 10000kg 1600X3000 1600

2

横式MC

HCN6000 II L 機械メーカー 2台 1000kg Φ900X1000 900

3

縦式MC

VCN430BL 機械メーカー 6台 700kg 1100X430 1100

4

縦式MC

VCN530CL 機械メーカー 4台 1200kg 1300X550 1300

5

縦式MC

VB-1265(BT40) 機械メーカー 2台 1100kg 1300X650 1300

6

縦式MC

TMV-1050AU 機械メーカー 2台 500kg 1100X500 1100

7

NC旋盤

NLX3000Ⅰ3000 機械メーカー 1台 - - 3123

8

旋盤

M08J 機械メーカー 3台 - Φ280X350 φ280/φ65

9

縦式旋盤

PUMA V835 機械メーカー 2台 - Φ830X750 Φ830

10

研磨機

HZ-630 機械メーカー 1台 815kg 1250X630 1350

11

卓上ボール盤

Z516A 機械メーカー 1台 - 265X265 Φ16

12

タッピング機

RC-16KU 機械メーカー 2台 - - -

 

主な取引先企業様

(敬称略 順不同)

㈱三嶋製作所、㈱アクアテクノ、㈱KRI、TODA 、NTECH-ASUARU

エンド ユーザー:
㈱ユーシン精機、京セラ㈱、ダイキン工業、リコー、トヨタ自動車